ホーム > 敏感肌 > すべてにおいて保湿が基本

すべてにおいて保湿が基本

乾燥する季節である冬はもちろん、夏場や春、秋であっても、美しく丈夫な素肌を保つ(育てる)基本は、モイスチャーライズだと思います。

 

常に、弾力のある潤に満ちたみずみずしい素肌というのは、水分バランスが常に保たれています。そのために気を付けたいのが、化粧水などの外部から取込む保湿効果も大事ですが、それ以上に、内部からの保湿が大事だということです。

 

 

つまり、美しく潤いのある素肌を保つポイントは、

 

「常に、水分を摂取する」

 

ということに尽きるでしょう。

 

暑い季節なら、高温のために、常に喉が渇くので、しょっちゅう何かドリンクや水を飲む人が多いと思いますが、冬場などは、今度が低くあまり喉が渇きません。

 

そのため、夏場のように積極的に水分を補給しなくなります。実は、人間の細胞は水分で満たされて活動しています。新陳代謝は、常に大量の水分を要求する生命活動でもあるわけです。

 

そのような、活動をしていく中で、摂取する水分が十分でないと、その細胞の持っているレスポンスが発揮できないまま、劣化したサイクルに稼働率が落ちていくと考えられます。

 

その結果、素肌の潤いや美しさを司る真皮細胞や角質層などのモイスチャーバランスが悪くなり、特に、乾燥している冬場などには、水分が外へ逃げ出して、皺や老化を早めてしまうこうとに繋がります。

 

ですから、空気の乾燥している冬場だからこそ、喉は乾いてなくて、飲み物を飲みたくなくても、こまめに一定時間ごとに、水やお茶などの水分補給を心掛けることが、みずみずしい素肌を保っていくためのポイントとなるわけです。

関連サイト:美白についてはこちら